「こだわり商品の店頭販売」


安心な無農薬野菜、美味しい発酵食品、ふかふか天然酵母パン、女性を健康にする漢方ハーブティ、地元を応援する春日部産ハチミツなどを販売しています。

無農薬野菜

健康にとって野菜に勝る食べ物はありません!


美容やダイエット、便秘解消に効くだけじゃないんです。高血圧、骨粗しょう症、ガン、認知症の予防にも、野菜を食べることがとても大切です。

いちじくの新鮮野菜は、野菜の甘みやしっとりした食感が自慢の地元産、農家さんから直接仕入れています。

 

春日部産純粋はちみつ

ミツバチさんありがとう!


春日部の早川農園さんの地元産はちみつです。丹精込めて育てたミツバチさんからの自然の贈り物です。お砂糖の代わりに紅茶に入れたり、レモンを漬けたり、トーストに塗ったりすると美味しいですよ。ケーキやドレッシング作りにも、煮物などのお料理にもドンドン使ってくださいね。

 

あま酒

大人気です!

 

飲む点滴・飲む美容液とも言われる「あまさけ」。

当店では、アロハファームさんの「あまさけ」を取り扱っています。

お米と麹だけで作ったノンアルコール&ノンシュガーのあまさけ。

じっくり時間をかけて麹の力を100%引き出した酵素たっぷり。

白米・玄米・小豆・玄米小豆・麻の実・桑の葉などの種類があります。

 

白米や玄米のあまさけは、お料理に使えます。

 

使用例 【しょうがかぼちゃ】
材料 :かぼちゃ150g(種を除く)  しょうが20g   あまさけ1/2cc 

     豆乳1/2cc   レーズン20g
作り方:鍋に全部入れ、弱火でコトコト煮る。レーズンはお好みで!

 

砂糖やみりんの代わりにあまさけを使います。

腸内の老廃物を掃除する効果や、美肌効果があります。

かぼちゃは、お腹を温め、気を補い消化活動を促進する。

慢性疲労や便秘・糖尿病に有効。

生姜は、血流を促進して体を温めたり、免疫力を高める。

当店では、ランチにも「あまさけ」を調味料に使っています。

自然の甘さは、カラダにも優しい美味しさなんです。

ぜひ、一度使ってみてくださいね。

 


大豆ミート

お持ち帰り人気No.1 ダイズミート

低脂肪、低カロリー、高タンパク 「畑のお肉」と言われる大豆が原料です。
お肉のようなジューシーな食感でモリモリ食欲がわいてきます。
唐揚げ、ハンバーグ、肉団子などお夕食のバリエーションも増えますよ。
熱湯で戻して作るのでとっても簡単、ヘルシー、とにかく美味です。

お父さんもお子さんも 「もう一度買ってきて~♪」 となること請け合いです。

 

写真上:お持ち帰り用   写真下:料理例


よもぎハーブ女性健康茶

女性に嬉しい事がいっぱい!


よもぎハーブ茶は、冷え性・むくみを解消してくれるので女性にイチオシの健康茶です。栄養素がたっぷりなので、多くの助産院で妊婦さんに推奨しています。ノンカフェインなので、お子様にも安心、就寝前でも飲めます。

また、脂分を減少させ、老廃物を排出する効果があると言われているため、ダイエットや美肌にもオススメです。

 

おべんとう いろいろ

ちまたのお弁当にあきたら、大人気「いちじくのおべんとう」!

 

集会、会合などのイベントにご利用ください。

ご予算に合わせて、500円~ご予約承ります。
  

 

白きくらげ

世界三大美女の楊貴妃も大好物!

白きくらげは肌に潤いをもたらしてくれる美肌食で、漢方や薬膳の食材としてよく使われます。

食物繊維とカルシウムが豊富で、美肌成分の亜鉛も含まれています。そして体内での保水力はヒアルロン酸以上で、肌に潤いをもたらしてくれるそうです。 乾燥きくらげは水につけると、15分ほどで5倍に膨らみます。いつもの料理にきくらげをプラスしてみてください。 食物繊維が豊富でローカロリーなので満腹感もアップ!ダイエットにもおすすめです。 白きくらげは食感が柔らかいのでサラダにもおすすめ。わかめなどの海藻と合わせてもいいですね。 調理例:梨と白きくらげのコンポート
梨ときくらげをグラニュー糖で煮たのでほんのり甘いデザートです。



 
厳選した材料を使ったランチや、お持ち帰り用お惣菜、夕食用副菜セットも用意しています。

ランチのあとは、大切なご家族にも、自然の恵み-みずみずしい野菜やお惣菜-をお持ち帰りください。

また、女性に人気の漢方ハーブティや冷え性に効果バツグンの健康グッズなど、ワクワクする品揃えを企画していきます。

「ふれあいマルシェ いちじくシルクロード」

店内の展示スペース  『ふれあいマルシェ いちじくシルクロード』 

 

ネーミングの由来は・・・

悠久の大地をつないだ ” 交易路シルクロード ” にあやかり、お客様とのふれあいの中で、魅力あふれる品々、豊かなカルチャーを紹介する場所にしたいという想いからネーミングしました。

良質な情報を発信する基地 に育てていきたいと考えています。